Heat Mounting Biker !!

hmbiker.exblog.jp ブログトップ

山頂。

目の前にあるが、近いようで遠い山頂には手が届かなかった。
f0118335_224289.jpg


先日の祝日に、二人で山頂を目指して出発した。
目指す場所があるから、途中で遊ぶこともせず一気に進んだ。
f0118335_2283054.jpg

もちろん教官には離されるんだけど、ラインを追いながら頑張った。
こんな斜面を横切りに? 
しかも大きな凸凹もあって失速しそうだし。
そんな時は並行に進みつつ加速して登った。

やっと休んだ雪庇のある場所も、かなりの急斜面。
吹き付ける風で、雪原も凍ったように硬くなっていた。
ハンドルでの操舵が効いたり効かなくなったり、変な感じ。

まだ登るんだけど、Uターンせずに突き進む教官。
f0118335_2284884.jpg


そんなの無理な俺は、くだりターンして後ろ側の斜面へ。
f0118335_22172939.jpg


それでも斜度がきつくて、ターンにビビる俺。
こうなったら斜面をずーっとユックリと横切りで登って・・・

山頂が見えたからアクセルオープン!
f0118335_22202123.jpg

こんなところに大きな穴があるなんて。
というより、まわりが吹きだまりだったみたい。

フロントを落としてリカバリー。
まだ登る教官の後を追ったら、こんな絶景。
f0118335_22232173.jpg

f0118335_22235595.jpg

一番目の画像の通り、目指す山頂はまだ向こう側だった。
尾根を進めば行けるかと思うが、
それは危険らしいんで他のルートへ移動することにした。
f0118335_22241655.jpg


大きく山を迂回して反対側へ。
そこはスノーモービルの直登ライン。
スノーバイクの直登は無理なので、右へ左へ降りながら登る。
教官は一発で登って見えなくなったが、俺は無理。
f0118335_22311230.jpg

立ち木が絡んだので助けてもらったが、下りるのも水を得た魚のような教官。
f0118335_2232192.jpg

登り口で、今まで俺たちが進んだラインを見ながら昼メシ。
この時すでにシートを固定するボルトを紛失した俺。
f0118335_22332514.jpg

じゃぁ、帰りますか!と斜面を林を沢を山を抜けて・・・
やっと出た帰り道の林道はバージンロード。
f0118335_22355882.jpg

マシンの年式は違えども、排気量もギア比も同じならばと
林道をブッ飛ばしながら食らいついたけどムリ。
コースを外れようが、ジャンプしようが、全くアクセル戻さない教官には追いつけません。

そして帰還して気づいた二つめのボルト紛失。
f0118335_22385074.jpg

キャタピラー駆動へのチェーン張りをするボルト。
ピッチさえ合えば何でもイイんだけど・・・と探してみたら、ドンピシャであったよ(笑)
f0118335_22405466.jpg

ナットが17mmになっちゃったけどね。

とにかく走り続けた一日。
でも場所も標高も変わって、とても楽しい時間だった。
ありがとうございましたー!!
[PR]
by HMBiker | 2016-02-14 22:52 | Mountain Horse | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hmbiker.exblog.jp/tb/24959045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 石十力 at 2016-02-16 22:28 x
チェーンテンショナー、やっぱりなくなるんですね。結構みんな工夫してるみたいです。スプリングつけたり。
Commented by うちえむ at 2016-02-16 23:26 x
画像の通り、昼メシを食っている時にはあったんデスよ。
ダブルナットでもダメかなぁ。
line

いつでもどこでも乗りたい周年発情バイク馬鹿の日々


by HMBiker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30