Heat Mounting Biker !!

hmbiker.exblog.jp ブログトップ

2016置戸エンデューロ

今年も置戸(おけと)エンデューロへ参戦した。
マシンは偶然にも手に入れたYAMAHAセロー225。
f0118335_22282583.jpg
みんなに不思議がられるのだけれど、昨年の記事にもちゃんと書いてある。
f0118335_22365557.png
つまり、有言実行の俺なんだよねー。

セローに自分のライディングを合わせるために、まずはハンドル。
f0118335_22384924.jpg
そしてワダチに引っかかりそうなブレーキロッドを反対に・・・
f0118335_22401059.jpg
してみたけれど、スイングアームに当たるし、大した効果も無さそうだからヤメた。
タイヤは転がっていた130のAC10。
チェーンを124リンクにすることで、なんとか履けた!

道北STAGSからのエントリーは、
記憶にも新しいHTDE時間外完走の5kaと、美しい丘の町に住むN田さんとの3人。
そして、いつも応援してくれる心強いサポートの3q2くん。
f0118335_22451151.jpg
隣のピットには、ユーチューバーのtomoさん。
初参加ながら、いつものように練習熱心に試走したそうだ。
会場へ入るトラックのように、雨でチュルチュルの路面が滑るらしい。
f0118335_22471296.jpg
メインの3時間エンデューロの前には、いつものスプリントレース。
f0118335_22491189.jpg
そしていよいよ本番。
f0118335_22494817.jpg
まだ走ったことのない今年のコースに緊張するのがワクワクで、
なぜか自分でも笑えてしまう俺自身。
f0118335_22500330.jpg
サイディングラップ(慣熟走行)からの、随時スタートである。
相変わらずの湿地帯。
f0118335_22544807.jpg
今年は逆回りだから、昨年とは逆の進行方向。
詳細は最後のtomoさん動画でヨロシク。
岩ゴロゴロのトレイルから草地、ヒルクライム、ダウンヒル、ビート畑、ウッズなど、
本当に盛りだくさんのコースに飽きることはない。

さて俺はギアの選択に戸惑いながら走り続け、
転倒こそ無いものの、なんかギクシャクする加速が気持ち悪い。
それでもグイグイと登るセローのトルクにビックリ。
しかし、ヒルクライム中にスタック・・・いや駆動せずストップ。
ギアをローまで落としても同症状に「クラッチ焼けた」と診断を下す。
そんな状況でも、ワクワクは止まらない。
f0118335_23023503.jpg
クラッチワイヤーを全解放すれば繋がることもあった経験を再度試したがダメ。
そうこうしていると、親切に声をかけてくれる人たち。
f0118335_23033769.jpg
今の場所はマーシャルさんに押し上げてもらった登頂地点。
このまま押し歩けば、すぐ下り道になる。
そこへサポートの3q2くん登場。
すぐさま押し歩きを手伝ってもらうが、車体が重くて押すのも一苦労。
f0118335_23063975.jpg
休みながら考えた結果、タイヤについた泥がスイングアームに堆積していた。
変なタイヤを履かせたから、余計に泥が詰まりやすい。
手で取っては歩き、また取っては歩き・・・めんどくさっ!
とにかく、スイングアームとの隙間を広げればいいんだから・・と。
f0118335_23091524.jpg
アクスルシャフトを緩めてチェーンを外し、そのままシャフトを目一杯に後端へ下げた。
これで楽チン。
押すことも無くなって、3q2くんはカメラマン(笑)
f0118335_23113543.jpg
バイクも押して歩けば歩行者。
途中でコーステープをまたいでショートカット。
やっとピットへ帰還。
f0118335_23125361.jpg
隣のtomoさんピットには謎の破損パーツ。
帰ってきた彼のマシンは、アリクイのようだった www
f0118335_23141521.jpg
5kaちんもゴール。
f0118335_23151366.jpg
N田さんは初心者1時間クラスだったので、ずいぶん前にゴールしてました。
f0118335_23161200.jpg
もうリタイヤの俺には、参加賞と抽選会の景品しか楽しみが無かった。
f0118335_23173183.jpg
本当に色々とあったけれど、本当に楽しいレースだった。
また来年も参加したいです。
マシンは・・・どーっすかなぁ。
f0118335_23184174.jpg
3q2くんもありがとう!
最後はtomoさん動画で楽しみましょう。



[PR]
by HMBiker | 2016-10-25 23:24 | 参戦レポ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hmbiker.exblog.jp/tb/26575697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3q2 at 2016-10-26 07:01 x
おつかれさまでした。
引き出しの多さに感心です。N田さんをもっと撮りたかったです。
Commented by うちえむ at 2016-10-26 08:52 x
>3q2くん
サポートから撮影まで、ありがとう!
引き出しは経験値です・・・無駄に芸歴が長いんで(笑)
でも見て知り得たことを覚えておけば、いつか役に立ちますよ。
line

いつでもどこでも乗りたい周年発情バイク馬鹿の日々


by HMBiker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30