Heat Mounting Biker !!

hmbiker.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ベストテク受講生( 26 )

本田。

昨年末のベストテクへのルート。
一日目は北関東自動車道の宇都宮上三川ICからだったので・・・出会わず。
二日目は宇都宮市内からだったが、日曜日だったので・・・出会わず。

先日のベストテクへのルート。
一日目は水戸北スマートICからツインリンクもてぎを横目に裏ルートからだったので・・・出会わず。

しかし二日目。
宇都宮市内からのルートだったが、祝日なるも月曜日。
いよいよ出会ってしまった。
f0118335_21552675.jpg

まさに ホンダ渋滞 である。

この先の交差点を右折すると、ホンダ技術研究所の四輪R&Dセンターがある。
右折車両のみが連なっていたので、どうやら出勤渋滞らしい。
渋滞慣れしているイケさんだったのが幸いである(笑)

しかしながら、向かうクルマやバイクは全てホンダ製。
撮った車列だってアウディを省けば全てホンダ。
手前から3台目が分かんねーけど、会社への忠誠心に脱帽だよ。
すり抜けするバイクだって、DioやらCBやら、他は良く知らねー。
[PR]
by HMBiker | 2013-02-23 22:08 | ベストテク受講生 | Trackback | Comments(2)

団栗7。

2013早春特別コラボ企画 Heat Mounting Biker!! &ハナ☆モナ featドングリ2  最終回


渡辺さんは、オフロードモーターサイクルの構造からスクールを始める。
f0118335_210388.jpg

メーカーが完成させたマシンをいかに速く走らせるか。
ライダーが変化しなくちゃならない。
欧米人にはこんな考え方があり、人間の方がマシンに合わせるらしい。

マシンが我々を乗せて、如何に前に進んで走るのか?
我々には理解できているのだろうか。
マシンの重心が中心へ集まったから、我々も同じ場所へ体重心を持って行く?

ベストテクスクールでは、昔からの概念とは違った理論だ。
シートからステップの位置を考えたライダーの体重心。
リアサスペンションからスイングアームを介して押し付ける路面へのベクトル。
当初は何がなんだか分からないが、スクールを受講したら体感できる。

リアサスのことばかり考えていたら、渡辺さんのマシンに付いた泥が!
f0118335_21172925.jpg

テコと読めてしまった(笑)

リアアクスル付近に存在していたツインショックから
ピポッドシャフト付近へ移動したモノサスペンション。
テコの原理から、リアタイヤからの衝撃はかなり小さいモノに、
そしてリアタイヤへの荷重も小さいものになったかもしれない。


講師の渡辺さんは、絶えず・・・とまでは言わないも、よく見ていてくれる。
f0118335_21234254.jpg

そりゃ教えてんだから、その効果を確認しなくちゃスクールにならない。

そして必ずコメントがある。
f0118335_212741.jpg

それがアドバイスだったり、講評だったり。
いろいろだけど、練習している自分が正しいのか否かが分かる。

常連さんたちが何度となく通うように、
このベストテクスクールに卒業は無いんだろうね。
上達しても、ココには元世界チャンプがいるから。
追い抜くにしても絶対に勝てないヒトだから。
もちろん、何度も通ったからって上達するかしないかは本人次第。
だけど渡辺さんや常連さんたちの雰囲気が良いから、通うのも分かる。

オフロードライフを人生とするならば、ぜひスクールに参加してみては?
スピードよりも、もっとノンビリとして豊かな時間を与えてくれます。
f0118335_21325671.jpg

テクニックを備えておけば、必要な時にスピードもランキングも上がってくるでしょう。


イケさん、こんな素晴らしいスクールへ誘ってくれてありがとうございます。
渡辺さん、たくさんのことを教えてくれて感謝してます。
常連さんたち、いろいろ教えていただいて楽しかったです。

またいつか参加したいね。
やっぱオフシーズンかな。
いろいろ考えておきます。

さて、身体作りを始めましょう!
[PR]
by HMBiker | 2013-02-20 21:54 | ベストテク受講生 | Trackback | Comments(2)

団栗6。

2013早春特別コラボ企画 Heat Mounting Biker!! &ハナ☆モナ featドングリ2


背筋を伸ばしたジャンプは、体重心も変わらずにスムーズ。
いや、オーバーアクションで変えないからこそスムーズなのさ。
f0118335_216183.jpg

練習だから、実戦でのモノになるかは練習次第。

でも、普通に伸ばすだけじゃないんだよね。
受講生だけが知ることを許される渡辺さん直伝のテクニック。
それをブログで言えるワケないでしょ〜。


コースの日陰には・・・なんだか分かる?
f0118335_21115752.jpg

北海道には無いかもしれない霜柱だ。
土中の水分が凍って表土を持ち上げるように柱になる。
だから足で踏むと、ザクザクと気持ちイイ。
久し振りだったから感動したよ(笑)

俺の好きなコース。
f0118335_21134675.jpg

初心者だからね。
鋭角なコブのある楕円形のオーバルコース。
コブは飛ばなくても、アクセルワークを心がける。

そしてコーナーでは
f0118335_21152454.jpg

シッカリとイン側ステップに体重移動しつつ体重心を忘れずに。
そして二回線ワークで回る。

気が済むまでグルグルぐるぐる。
考えながら気をつけながらグルグルぐるぐる。

かなり陽が傾いたとこらへんでヤメた。
f0118335_21214274.jpg


身体を休めるには、ホテルの風呂よりも温泉。
広くはないけれど、渡辺さんオススメ!
f0118335_21231665.jpg

券売機にオツリの500円硬貨があれば、それは俺のだよ。

しくしくしく(涙


そして晩メシは、オリオン通りの「いざ酔い」へ。
渡辺さんにサインをもらって有頂天なイケさん。
f0118335_21261278.jpg

俺も次に受講する時にはSUZUKIピットシャツでもいいから用意したいデス。
[PR]
by HMBiker | 2013-02-19 21:40 | ベストテク受講生 | Trackback | Comments(2)

団栗5。

2013早春特別コラボ企画 Heat Mounting Biker!! &ハナ☆モナ featドングリ2
f0118335_21542950.jpg


加速減速時のフォームは決まったが、操舵しなくちゃマシンは曲がらない。
そのためのハンドルでしょ?と言わないのが、ベストテク。

コーナリングはマシンの倒し込みから始まる。
しかもイン側の足に全体重を移動させて倒し込む。
f0118335_2204693.jpg

しかも背骨の体軸も一緒に!?
決してリーンアウトでは無く、むしろリーンウィズ?
クリスチャン・サロンかロン・ハスラムのような・・・。(←80'sロード世界GP)

しかしながら、コレがまた思うようにならなくて。
f0118335_2295765.jpg

実際にマシンが倒し込まなくても、イン側ステップに荷重して何度も何度も練習。
ブレーキングしながらスタンディングだから、ヒザに負担がかかる。

そして、最後の最後でステアリング(ハンドル)を切って操舵する。
俺、現役IBさん、渡辺さんと比べると以下の通り。
f0118335_221363.jpg

f0118335_22132552.jpg

f0118335_22161146.jpg

なんか硬いし、舵角もあるんだか無いんだかワカラン状態の俺。


コーナー脱出時は前傾くの字フォームでアクセルオープン。
f0118335_22202042.jpg
f0118335_22195964.jpg

って、背筋も伸びていないし、腰を曲げちゃっているし、気持ちだけ前傾・・・。


でもね。
何度も何度もグルグルぐるぐる回って練習するしか無いんだよね。
さすが現役IBさんは汗ビッショリで、休まないんスか?なくらいに練習していたよ。
ものすごく感激してたし。

それにひきかえ、俺なんか両膝が痛くて、
f0118335_22244778.jpg

気がつけば正座しながら渡辺さんの走りを見学していた(笑)
[PR]
by HMBiker | 2013-02-18 22:33 | ベストテク受講生 | Trackback | Comments(0)

団栗4。

2013早春特別コラボ企画 Heat Mounting Biker!! &ハナ☆モナ featドングリ2
f0118335_19215322.jpg


昨年末の受講に続いて、再び
元世界モトクロス選手権チャンピオン主催の「ベストテクスクール
に参加した。

前回と同じく、マシンを預かってくれているイケさんと一緒に行動。
したがって行程は同じなので、画像の順序は無視してスクール内容を中心とする。



しかしながら、ブログの文字で、しかも俺の説明で ハイよ! と言えるほど
教え込まれる内容は簡単なものじゃ無く、
その真髄は全日本選手権を戦うライダーにさえも必要なレベル。

だから、本当のことを知りたければスクールに行こう。
「無理ムリ、遠いから行けないよー」
と自分にイイワケくっ付けて諦めているようならば、アナタはそれまで。
いままでの俺のように、ずーっと悩んだまま走り続けることでしょうな。
いや、いまでも悩んでいるけど、
以前のような 何を悩んでいいのか分からない悩み じゃ無い(笑)

それと、
どんなスクールに行っても、練習して教えてもらったことをモノにしなくちゃ何にもならない。
アチコチのスクールを受けて、あんまり大したこと無いなー!というのは
自分自身が理由じゃないだろうか?
もちろん、スクール内容が理解できるか? モノにできるか? にもよるけどね。


だからこれから伝える内容は、全て俺の言葉。
俺の耳からアタマん中を通ったモノだから、勘違いしないように!

まずはコレ。
f0118335_19453795.jpg

着座位置、背筋、両肩、肘の角度、手首。
顔以外の全ての基本がコレだ。

加速に入る時は、この体勢から
f0118335_20215512.jpg

f0118335_20231997.jpg

伸ばした背筋が必須なのだが、いざ走り出すとコレがなかなかできず。

そして
f0118335_202456100.jpg

なーんて、ズラズラ書いてみても良くワカランでしょ。
やっぱ受講して渡辺さんの言葉を聞いて、ワカランかったら質問して、
そして走りを見てもらった方がイイよ。


実は今回、北海道でのスクール開催を聞いてみた。
いまやチームSUZUKIの監督であるから忙しいのは当たり前。
それでもスケジュールでのブランクを教えて頂き、
コースや人数などのスクール概要も指示してくれた。
開催できるといいね!
[PR]
by HMBiker | 2013-02-17 20:39 | ベストテク受講生 | Trackback | Comments(4)

濁茶。

ベストテクスクールから帰還しております。
2月の栃木県は、前回の12月より当たり前に寒かったデス。

さて、さっそくレポートをしたいのですが・・・
なかなか疲れが取れず、
ベストテク理論が繋がりそうで繋がらないチープなアタマ。

言葉で、
しかも相手の顔も見えないブログなんぞで説明しようとするのが
誤解を招く間違いであることに気付きつつあります。

とりあえず。
休み時間に遊びで走った動画を貼り付けて、お茶を濁そうかと(笑)

イケさん撮影。
今回に初めて走ったエンデューロコース。
ベストテクフォームなど、まったく無視して走っております。

レポートは、そのうちに。
[PR]
by HMBiker | 2013-02-14 21:46 | ベストテク受講生 | Trackback | Comments(0)

予告。

誰も待ってないけど、お待たせ!
再び、ベストテクスクールへ行ってきまーす。

この歳になるとビシビシと教えられることは全く無いので、
またもアノ緊張を与えられると考えると・・・
f0118335_2118579.jpg

もうワクワクでたまらない俺。
やっぱりMなんスかね?(笑)



今回もイケさんに、お世話になります! よろしくデス!
荷物も準備完了。
オイルもブーツもブレストガードもイケさん宅に置いてきたので、これだけ。
f0118335_2127614.jpg

二回目だけあって、前回より必要最低限のモノを厳選。
あとはイケさんへのお土産だけです。


宇都宮は、きっと前回の12月より寒いんだろうね。
雪、積もったんだろうか?



次回予告。
「2013早春特別コラボ企画 Heat Mounting Biker!! &ハナ☆モナ featドングリ2」
f0118335_21292271.jpg

このドングリな俺たちは、10,11の二日間で何をつかみます。

体重心を感じることができるか?
二回線コーナリングは会得できるか?
安定したコブの通過はできるのか?

加えて、
ランチ樹林弁当のおかずは何なのか?
居酒屋いざ酔いでは何を食べるか。
まぁ、期待しないで見守って下さい。

ホントに期待できないかも(笑)
[PR]
by HMBiker | 2013-02-06 21:54 | ベストテク受講生 | Trackback | Comments(8)

背比。

団栗の寝ん寝んころり コロリかな  小林一茶


ベステクスクールの門戸を叩いた俺たち二人のドングリ(団栗)だが、
f0118335_23434658.jpg

ドングリの背比べ とは、とても言えず。

俺は習ったフォームが素直にできなくて、
何度も何度もグルグル回ってもパリッとした走りはできなかった。

しかしイケさんの上達っぷりは、あっという間。
渡辺さんも
「もう彼の走りはマシンのポテンシャルを超えているね」
とお墨付きだったことを伝えておく。
ただし、
これからそれ以上の上達があるのかどうかは分かりません(笑)


感謝したいのは山ほどあって、
とにかく見ず知らずの輩である俺と3泊4日も付き合ってくれた。
いくら気が合うとしても、さすがにずーっと一緒というのは疲れるもの。
いや、実際に疲れていたんだろうね。
申し訳ない〜。

渡辺さんのマシンでフォームチェックする彼。
f0118335_2350469.jpg

こんなことやってるけれど、知識も経験も豊富なオトナです。


そうそう。
まず好んでモナカなど食べない俺だけど、
f0118335_23512118.jpg

これはパリパリして、中身のアンコと絶妙なバランスで美味かった〜。
ごちそうさま!
[PR]
by HMBiker | 2012-12-27 23:56 | ベストテク受講生 | Trackback | Comments(0)

団栗3。

年末特別コラボ企画
ハナ☆モナ & Heat Mounting Biker !! featuring ドングリ
f0118335_20351241.jpg



DAY-3 12/17

イケさんとの合宿も、早朝の出発で終わります。
お世話になりました。
ブーツとブレストガード、それと愛機 tm のことをヨロシクお願いします。

未明から成田へ。
都会の駅構内は、数分単位で人口密度が極端に増減。
f0118335_20381330.jpg

こんなガラガラのホームも、列車到着時には結構な人数でした。

反対側のホームでは東京へ御出勤される方も多く、
イケさんに聞けば 千葉都民 と言われているらしい。
お父さんたち、日本はアナタ方が背負っているかもしれません。
頑張って下さい。


そして成田空港。
二十年振りの再会だな。
f0118335_20401889.jpg

こんなに立派だったっけ?
f0118335_20495997.jpg



早朝だけあって店も開いていない。
ハラが減っては搭乗もできぬ・・・ってことで、高いモーニングを注文。
f0118335_20511588.jpg

食い終わってフラフラしてたらマックを見つけて、ガックリ。

俺の目指すスカイマークの搭乗口は、ずいぶんと離れているらしく・・・
なんと搭乗待合室にはトイレも無かった。
まぁ、おかげで移動中に開店したと思われる売店で、おみやげゲット。


搭乗したスカイマーク機は真ん中通路のみの小さいジェットで、しかもガラガラ。
シートがレカロだったのは嬉しかったな。
f0118335_20534267.jpg

半袖で極寒の旭川に向かうのは外人さんたち。 (実は前方に数名が存在)
空港に下りたら、やっぱり寒いらしく、
大騒ぎしながら
薄手の長袖シャツ
を着てたよ(笑)

ドコから来たのか知らんが、日本人が繊細すぎるのだろうか?

んで、空港で主人の帰りを待っていたハイエース。
f0118335_2111475.jpg

想定内の状況。



しかし帰りの田舎道。

遠くに二本のアームが見えて、
こんなとこでボーリングやってたかな?と思いながら近づくと

f0118335_2114477.jpg

ダンプかトレーラーが路外横転してた(汗

迂回路も作らず、延々と続いてた渋滞。
ナビで抜け道探して抜け出して来た。
でも考えてみたら、
スクールへの道中、何も起こらなくて良かったなぁ。


留守中に降った大雪。
自宅でユックリする時間も無く、すぐさま除雪作業に取りかかった。
遊んでいた俺としては、休むことが許されない状況だったのが事実である。


イケさんを始めとする皆さん。
ありがとうございました。
第2回ドングリたちのベストテクスクール参加は、もちろん開催します。
ご期待ください!

・・・誰も期待してねぇか!(笑)
[PR]
by HMBiker | 2012-12-25 21:16 | ベストテク受講生 | Trackback | Comments(2)

団栗2。

年末特別コラボ企画
ハナ☆モナ & Heat Mounting Biker !! featuring ドングリ
f0118335_17155935.jpg



DAY-2 12/16

泥のような眠りから覚めた朝は、
f0118335_21155070.jpg

まずコレで大爆笑。
宇都宮、サイコーです! (分かるかな?)

さぁ、今朝も一番乗りですよ。 (って、横に乗せてもらっているだけですが)
f0118335_21174738.jpg


天気もバッチリで、ヤル気まんまん。
f0118335_2118151.jpg


朝一番の講座として、
渡辺さんにはRMZ450と250を教材に
オフロードマシンの美学を語ってもらいました。

そして今日もフォームチェックから。
今日は3名の常連さんたちも参加して総勢6名。
f0118335_21201822.jpg

新人も常連も、1DAYも2DAYSも、毎回必ずフォームチェックから始まるみたい。
でも基本なんだから、コレはコレで必要だし、丁寧なスクールだと思います。

それにしても、やっぱりマンツーマンの指導は緊張。
f0118335_2125533.jpg


そしてみんなで南コースへ。
#1はSブヤさん。
f0118335_21263740.jpg

常連さんたちの走りも見ることができたので、とても勉強になりました。

昨日から見ていて、このインベタなワダチが不思議だった。
f0118335_21292681.jpg

豪快なパワーオンでコーナリングしないハズなのに、
ゆっくりとコーナーを回っているだけなのに、ナゼこんなに掘れているのか。
そんなことを思うのが、ベステク基本コーナリングを理解していない証拠である。

常連さんでもある いざ酔いマスターさん の走りで、その謎は解明。
f0118335_21305234.jpg


ターンポイントはコーナーの奥。
この部分までに減速させながらクラッチを切り、(←マシンを倒し込みやすい)
フロントブレーキで調整しながらアクセルをあおって侵入。
半クラッチを当てながら進む。 (と思う)

そして初めてフロントステアリングで操舵するのがココ。 (だと思う)
f0118335_21341879.jpg

ゆえに内輪差が生まれることは渡辺さんも示していた。

つまりコーナリング後半はスローペースではあるものの
落ち着いた視線で、しっかりとした駆動力を維持できている。
f0118335_21421853.jpg

これによってプッシュアンダー(フロントからのスリップダウン)が無くなるそうだ。

あとは最短距離を見つけながらマシンを直立させ
f0118335_21512299.jpg

加速フォームでアクセルを回すだけである。

とまぁ、難しいテクニックを理解するアタマとカラダの無い俺は
f0118335_21534919.jpg

いいから走らせろー! と言わんばかりに乗り始めた。

また天気もサイコーなんで、
f0118335_21541976.jpg

何度も何度もクルクル回っていると
f0118335_2155669.jpg

ちょっと青春を感じたね(笑)
f0118335_2155428.jpg

昼メシ。
f0118335_21594099.jpg


午後は初級・中級コース。
・・・へ行く前に、エンデューロコースを走らせてもらったら、
それはそれで最高に楽しいんだけど、学んでいるベステクフォームが丸つぶれ〜。
f0118335_2201341.jpg

だから、黙々と右回りのダンディーです。 (背骨が丸いっ!)

そんな俺に、またもや渡辺さんがっ!
f0118335_2234095.jpg

ほんとにもう、近寄って来られると緊張ですよ。
「いや、来ないで! でも教えてっ!」な心境です。 (←なんだそりゃ)
f0118335_224013.jpg

これでも必死にエンジン回しているつもりなんだけど、
世界チャンプが見れば、ただガバガバとアクセルを回しているだけらしい。
f0118335_2242322.jpg

フォームも考えなくちゃならんし、受講生は忙しいんですな。

モトクロスコースでの渡辺さん。
f0118335_2245559.jpg

当たり前だけど、楽に乗ってます。

そして俺はプラグがカブり、もおガックリ。
f0118335_225129.jpg

ウワサは聞いていたんで、プラグのスペアは3本持って来たから大丈夫。

その後、ベステク半クラ(2スト専用)やら、着地前のアクセルひと吹かしやら
f0118335_2214372.jpg

たくさん指示されるんで、最後はコチラから質問攻めしてました。
(でも答えを忘れた今の俺がいる)

受講証にハンコを押してもらったよ。
f0118335_22164593.jpg


渡辺さんに御礼を述べて、
「近いうち、また来ます」
と言いながら、宇都宮を出発。

日曜日だから帰路の渋滞は覚悟していたが、
この2日間を共にした地元の方に裏道を教えて頂き、水戸北スマートICに向けて南下。
f0118335_22222586.jpg

16号線沿いのラーメン屋にも寄らず、 (ラーメン屋ばっかり)
f0118335_2223163.jpg

イケさんち近所の居酒屋で、最終日の祝杯。
f0118335_22232026.jpg

渋滞にも巻き込まれず、3時間くらいだったかな?
イケさん、運転おつかれさまでした〜。

DAY-3 に続きます〜。
[PR]
by HMBiker | 2012-12-23 22:33 | ベストテク受講生 | Trackback | Comments(2)
line

いつでもどこでも乗りたい周年発情バイク馬鹿の日々


by HMBiker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31