Heat Mounting Biker !!

hmbiker.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Yamaha セロー(1KH)( 3 )

残務。

セローのリアスプロケットが届くまで、細かい部分をチョコチョコと。


俺の体重にセットしたいからリアサスペンションをイジッてみたものの、
f0118335_22503697.jpg

小さなシフトレバーなだけに、つま先で滑ること多数。
で、DTで使ってた中古品と交換。
f0118335_22541792.jpg

エアクリーナーボックスを分解して、内部にあるアミを新品と交換。
どーでもいいかもしれないけど、買っちゃったから・・・。
f0118335_22560223.jpg

そして届いた残りのパーツ。
f0118335_22571908.jpg
リアスプロケットのみがメーカー純正品。
ホイール中心へ向けて凹んだ部分の「オフセット」が厄介で、
当初はX.A.M.のスプロケットにしようと注文したはずが、
アタッチメントパーツが必要らしく、その金額にガックリ。
当然に純正品を選んだのだが、先に買った金額はパー(黄色矢印)。
f0118335_23041076.jpg

そんなことやりながら、
思う存分のメンテナンスで遊ばせてもらったセローは完成。
ま、使った金額分くらいは楽しむつもりですー。
f0118335_23055928.jpg



[PR]
by HMBiker | 2016-09-24 05:57 | Yamaha セロー(1KH) | Trackback | Comments(0)

保守。

セローを気持ち良く走らせるための保守点検整備は続きます。
スプロケット(社外品)の入荷が遅れるので、のんびりペースです。

まずはリアまわり・・・と、リアタイヤを外して可愛いスイングアームのサビにゲンナリ。
f0118335_2149232.jpg

とことん落としてシャーシブラックで防錆塗装したろか?と思ったけど、ヤメた。
もらい物の市販車だし、ありのママの姿で走らせます。

そしてスイングアームを外して驚いた。
f0118335_21565010.jpg

さすが国産車! なのか、前オーナーさんのメンテナンスなのかは不明。

さらに驚いたのが、ベアリングの無い構造体。
(カラーはそれないに錆びていたけど、グリスでシットリしていた)
f0118335_21575732.jpg

ヤマハ発動機サイトの部品検索ページを見て、カラーと称するものの疑問が解明。
おそらく圧入されるカラーの内壁に、らせん状にミゾが彫ってあった。
あたかもニップルを介して注入されたグリスが広範囲に広がるように。
これって当たり前のことなのかなー?

タイヤはひび割れているので、当ガレージの中古タイヤに履き替えた。
tm250Fiに標準装備されていたゴールデンタイヤだよ。
f0118335_2235222.jpg

しかも140サイズ。
こりゃ贅沢だなー  なんて考えながらホイールを組み込んだら
f0118335_224373.jpg

太すぎてタイヤが回りませんでした(笑)
結局、デリタイヤの120に再び履き替えたよ・・・汗だくで。

身体を起こしてハンドルまわり。
もともとセローのハンドル切れ角度は深いのだが、左が変な感じ。
それもそのはず、フロントブレーキホースが押しつぶされた!
f0118335_22122471.jpg

セローのマニュアル本も無いので、ホース類の取り回しは悩みながら解決。

フロントまわりは、ホイールのベアリング確認しつつデリタイヤヘ交換。
マニュアルが無いので外せなかったブレーキパッドは残りもあったので置き去り。
そしてやっとコレ。
f0118335_22155966.jpg

粉が吹いたようなキャブレターをキレイにしようとは思いません。
今が大丈夫だから、ヒビ割れたインシュレーターの交換です。
ドレンボルトはナメちゃったので新品交換済み。

ゴムも堅いだろうと思って、エアクリーナーボックスを外してからキャブ摘出。
そしてインシュレーターも摘出。
f0118335_22185552.jpg

外してビックリ。
主構造は金属で、ヒビ割れたゴムの部分は外装。
だから全く大丈夫とは言えないよねーと考えて、新品交換。(せっかく買ったんだし)
f0118335_22202383.jpg


とまぁ、始動するけど走れないセローはホドホドに。
せっかく時間があるんだから、愛機と共に林道へ。
f0118335_22224825.jpg

f0118335_22221691.jpg

草に隠れた轍にフロントが落ちても、その瞬間はユックリ時間が流れる感じ。
足を出すこともなく、必死の姿勢制御で事なきを得るのは日常の俺のライディングです(笑)

オイルもフィルターも交換しなくちゃ。
[PR]
by HMBiker | 2016-08-09 22:37 | Yamaha セロー(1KH) | Trackback | Comments(0)

譲受。

今回、ご縁があってセロー225(1KH)を譲り受けた。


tm125と250Fiの外車エンデューロレーサー2台体制なのに?
と言われるだろうが、なんとなくトレール車(一般市販車)を欲しかった。
マウンテンホースを手に入れるために手放したXR250モタードだったが、
やはりトレール車にはトレール車なりの魅力もあるのだ。
パワーこそ足元にも及ばないが、誰もが気楽に走ることができる。
乗って遊んだまんまでも、そう簡単に壊れない大衆市民マシン。
ゆえにtmと比較することに意味はなく、用途が全く違うマシンだと言っておきたい。


さて、そのセロー。
f0118335_22463758.jpg

車体番号から調べたら1992年製で、リアブレーキはドラム!
20年以上も前のバイクであるから、外観の程度はそれなり。
それでも昨年までフツーに乗っていたそうだ。

そこでまずはエンジンの始動・・・と試みても、セルが回らない。
バッテリーかな?
ちょうどtm250Fiと同サイズだったので換装。
そして再始動を試みるもセル回らず。
キックペダルは無い。
押しがけしても、うんともすんとも。

ふとメーターを見ると、あれ?なんとなく寂しい感じ・・・って、

パネルの電飾が全く点灯してない。


バッテリーのDC電圧は正常。
その横にあるガラス管ヒューズも切れていない。
となると、レギュレーター(整流器)??
f0118335_235356.jpg

これを外すだけでもネジをナメちゃったもんな。(黄色矢印)
どこもかしこもネジ・ボルトが固くて簡単に緩みません!

ところで赤丸の部分には何かがあったのかなぁ。
何も付いてなかったんだけどね。

さて、俺の苦手な電気関係。
こりゃとんでもないバイクを譲り受けちゃったな・・・と思ったのが正直なトコロ。
翌日は神社祭での渡御だったので、町内をお神輿と一緒に歩きながらずっと考えてた。
神さま・・・じゃないよ(笑)
f0118335_22585294.jpg


いくら考えても行動しなくちゃ何も変わらない。
そこで再び登場した電気テスターは、安かったアナログ式。
f0118335_230340.jpg

何度となく読んだ説明書と再びニラメッコ。
導通チェックって、こうやるのねー。
理解していたようで、全く分かっていなかった自分。

お祭りも用事も終わった数日後。
いよいよ本腰を入れて導通チェックなるものを開始。
バッテリーのアース部から進んで、バッテリー、ヒューズもOK。
赤い線をたどってメインスイッチをまたいだ導通チェック・・・・あれ、針が振れません。
キーシリンダーの手前コネクターまでは針が振れる。
確信は持てないけれど、キーシリンダーを分解してみたら、



f0118335_23115972.jpg

なんだ、これ?

そして実際にスイッチへ接触する面を見てみたら、
f0118335_23132478.jpg

あった!

ここに電極を当てて導通チェックしても針は触れず。
こすって腐食部をキレイにしてみたら通電。
まだ確信を持てないままキーシリンダーを取り付けてメインキーを回した。
f0118335_23153820.jpg

点灯するやん ♪

近年まれに見る喜びで、思わず声が出ちゃったよ。
そしてセルも回り、エンジンも始動。
その晩はナメちゃったボルト類や紛失は劣化しているゴムなど純正部品をネットでチェック。
ヤマハ発動機はネットでパーツナンバーや価格まで調べられるからイイね。

譲り受けたセローとは、まだしばらく仲良くやっていけそうです。
[PR]
by HMBiker | 2016-07-29 23:27 | Yamaha セロー(1KH) | Trackback | Comments(4)
line

いつでもどこでも乗りたい周年発情バイク馬鹿の日々


by HMBiker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31