Heat Mounting Biker !!

hmbiker.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

譲受。

今回、ご縁があってセロー225(1KH)を譲り受けた。


tm125と250Fiの外車エンデューロレーサー2台体制なのに?
と言われるだろうが、なんとなくトレール車(一般市販車)を欲しかった。
マウンテンホースを手に入れるために手放したXR250モタードだったが、
やはりトレール車にはトレール車なりの魅力もあるのだ。
パワーこそ足元にも及ばないが、誰もが気楽に走ることができる。
乗って遊んだまんまでも、そう簡単に壊れない大衆市民マシン。
ゆえにtmと比較することに意味はなく、用途が全く違うマシンだと言っておきたい。


さて、そのセロー。
f0118335_22463758.jpg

車体番号から調べたら1992年製で、リアブレーキはドラム!
20年以上も前のバイクであるから、外観の程度はそれなり。
それでも昨年までフツーに乗っていたそうだ。

そこでまずはエンジンの始動・・・と試みても、セルが回らない。
バッテリーかな?
ちょうどtm250Fiと同サイズだったので換装。
そして再始動を試みるもセル回らず。
キックペダルは無い。
押しがけしても、うんともすんとも。

ふとメーターを見ると、あれ?なんとなく寂しい感じ・・・って、

パネルの電飾が全く点灯してない。


バッテリーのDC電圧は正常。
その横にあるガラス管ヒューズも切れていない。
となると、レギュレーター(整流器)??
f0118335_235356.jpg

これを外すだけでもネジをナメちゃったもんな。(黄色矢印)
どこもかしこもネジ・ボルトが固くて簡単に緩みません!

ところで赤丸の部分には何かがあったのかなぁ。
何も付いてなかったんだけどね。

さて、俺の苦手な電気関係。
こりゃとんでもないバイクを譲り受けちゃったな・・・と思ったのが正直なトコロ。
翌日は神社祭での渡御だったので、町内をお神輿と一緒に歩きながらずっと考えてた。
神さま・・・じゃないよ(笑)
f0118335_22585294.jpg


いくら考えても行動しなくちゃ何も変わらない。
そこで再び登場した電気テスターは、安かったアナログ式。
f0118335_230340.jpg

何度となく読んだ説明書と再びニラメッコ。
導通チェックって、こうやるのねー。
理解していたようで、全く分かっていなかった自分。

お祭りも用事も終わった数日後。
いよいよ本腰を入れて導通チェックなるものを開始。
バッテリーのアース部から進んで、バッテリー、ヒューズもOK。
赤い線をたどってメインスイッチをまたいだ導通チェック・・・・あれ、針が振れません。
キーシリンダーの手前コネクターまでは針が振れる。
確信は持てないけれど、キーシリンダーを分解してみたら、



f0118335_23115972.jpg

なんだ、これ?

そして実際にスイッチへ接触する面を見てみたら、
f0118335_23132478.jpg

あった!

ここに電極を当てて導通チェックしても針は触れず。
こすって腐食部をキレイにしてみたら通電。
まだ確信を持てないままキーシリンダーを取り付けてメインキーを回した。
f0118335_23153820.jpg

点灯するやん ♪

近年まれに見る喜びで、思わず声が出ちゃったよ。
そしてセルも回り、エンジンも始動。
その晩はナメちゃったボルト類や紛失は劣化しているゴムなど純正部品をネットでチェック。
ヤマハ発動機はネットでパーツナンバーや価格まで調べられるからイイね。

譲り受けたセローとは、まだしばらく仲良くやっていけそうです。
[PR]
by HMBiker | 2016-07-29 23:27 | Yamaha セロー(1KH) | Trackback | Comments(4)

見学。

先々週あたりかな。
とある出張を兼ねて、他市町村の施設や政策を見てきた。
f0118335_20371680.jpg


視察・・・とは上から目線なので、この場合は見学。
本業以外にも、いろいろと忙しいんです。

この施設には多くの驚きがあった。
確かに建設費も大きかっただろうけれども、たくさんのことを上手にまとめてた。
f0118335_20395158.jpg

そっくり真似はできないだろうが、こんな感じに上手に計画したいですな。

そして夜はススキノ。
f0118335_20404946.jpg

若い時のようには暴飲暴食では遊べません。

年齢相応に、ただただ美味いものを食べて楽しいひと時を過ごしました〜。
[PR]
by HMBiker | 2016-07-18 20:43 | Trackback | Comments(0)

楽園。

長い長い北海道4デイズの、とあるひとつのSS(スペシャルステージ)区間。
参加マシンの全てが、あっという間に通り過ぎました。
北海道を楽園のように絶賛してました。

SSの設置準備に手伝った仲間たちと一緒に観戦。
選手の走りもさることながら、それぞれのマシンを見るだけでも楽しいです。
ラリーマシンって、マップホルダーやらバックパックやら手作り感があるからね。

関係機関へ手配してくれた町役場の方々による使用後の道路確認もOK。
看板の杭も抜いてくれて、スタッフは次のポイントへ移動していきました。
以前にも書いたけれど、いわば主催者スタッフもラリーしてます。
「北海道にはモーターサイクルのラリー競技がある」
と、当たり前に言われるようになるのも近いと思いますよ!

画像は、仲間のフルネームを覚えていたBIGTANK編集長と道北STAGSの仲間たち。
f0118335_224833100.jpg

[PR]
by HMBiker | 2016-07-17 23:05 | Trackback | Comments(2)

依頼。

北海道4デイズ。
4日間をかけて北海道内を指定されたルートで走り続け、
スペシャルステージ(SS)では走行タイムを競い合うレース。

開催当初から町有林道を利用してくれた。
ラリーたるものは何だろうか?と疑問を抱き、
時にはSSERの山田さんを助手席に乗せながら感慨深い話を聞き、
そして大したことも知らないまま2010大会へ無謀にも参加して完走。
知らない仲間と一緒に走りながら過ごす4日間は素晴らしい時間だった。

その恩返しも含めて、依頼のあったSS林道の用意に協力した。


SSは区間を閉鎖して行われる。
となると、近隣住民や林道利用者の承諾を得られなければならない。
まずは(仕事の合間に)スタート地点の住宅・・・は空き家のようだった。
f0118335_21514217.jpg

ならば近隣酪農家へ挨拶。
そして先の住宅の件を聞く。
また、林道沿線にある酪農採草地を確認し、その持ち主に説明して理解を求めた。

ここまでは仕事の延長線上にあるようなことなので問題なし。
じゃ、林道を試走しましょう・・・とクルマで走ったら、ゴール予定地点手前に


f0118335_21562889.jpg

蜂箱を発見!

これにはビックリして頭を抱えた。
酪農家ならば仕事上の付き合いで何とかなるが、ハチミツ農家さん(養蜂家)は誰も知らん。
学校で習った腐蛆病(ふそびょう)くらいしか知らん。

そこで、知り合いから町内のハチミツ農家さんに聞いてもらった。
「あれは誰の蜂箱ですか?」
「本州の人のだよ。」

まじですか? 
本州まで連絡せにゃならんの?

ミツバチが採取する花によってハチミツの味や香りが違う。
養蜂家さんたちは日本や道内各地を移動しながらハチミツを採集する。

蜂箱の持ち主さんが現れるまで林道の承認は無理かな?と思われたが、
町内のハチミツ農家さんが代わりに説明してくれて理解は得られた。

となれば、あとは林道占有の周知だ。
f0118335_22164417.jpg

主催者から送られた看板がより目立つように赤で囲む。
初期の頃、あれだけ周知させたのに知らなかった酪農家さんがいた。
だから今回こそは完璧にしたかった。

この囲んだ赤は、10年以上前に使った残り物。
f0118335_22173871.jpg

今ここで、また使えるとは思ってもいなかったよ。

仲間に杭に使う木材と丸ノコ、そして杭打ち用の掛矢(かけや:木のハンマー)を借りて
f0118335_22204611.jpg

f0118335_2221187.jpg

f0118335_22211468.jpg

と、仕事の帰り道に作業完了。

最後は実際の試走。
仲間と走るつもりが、みんな予定があって単独走行。
先の熊嵐を思い出しながら休憩することもなく一気に走り抜いた。
f0118335_2222253.jpg

ちょっとイタドリが邪魔だけど、できる限りは折ったり吹き飛ばしておいた。
対向車もあるかもしれないから全開はできません。

短くもなく長くもなく、明日は楽しめるSSになると思います。
みなさん、頑張って下さい!!
[PR]
by HMBiker | 2016-07-15 22:31 | Trackback | Comments(2)

実話。

こ、怖いぃぃィィ・・・・。

これ読んで林道を一人で走ったら、怖いのなんのって。
本物には出会わなかったから良かったものの、
道路真ん中に落ちてるデカい糞は明らかに鹿とは違うもの。
恐ろしくて途中休憩なんかできません。

それなのにエゾシカが右から飛び出してニアミス寸前。
ぶつかる恐怖以上にパニックで、
自分でも何言ってるのワカランくらいに叫んでました。(涙)

f0118335_211942.jpg

[PR]
by HMBiker | 2016-07-11 21:27 | Trackback | Comments(2)

刺繍。

tmRacing社のポロシャツをゲット。
説明文では読んでいたものの、本物を見て納得。

真面目に刺繍です!!
すげー。
洗濯してヨレるんじゃないかと心配もあるけれど、嬉しい!!
いつかコレ着て、ポディウムに立ちたいです。
いちばん低い場所でもイイから (笑)
f0118335_165544100.jpg

[PR]
by HMBiker | 2016-07-02 17:00 | Trackback | Comments(0)

夏空。

青い夏空の下、酪農家の皆さんは一生懸命に採草作業。
うだるような湿気もなく、北海道はサイコーな季節です。
俺はノンビリと、仕事中に林道確認作業。
f0118335_2203379.jpg


先日は夏空を飛んで出張してきた。
f0118335_2252554.jpg

昨年同様のココです。
f0118335_2261321.jpg

空港でバッタリと会った知り合いと上野で昼飯。
開始時間も迫っていたから、蕎麦を胃に放り込んでタクシーに二人で乗り込んだ。
発進と同時に何処かで鳴るサイレン・・・あれ?後ろに白バイがいるんですけど(汗)
どうやら運転手さん、標識を確認しなかったみたい。
「お客さんを降ろしてから上野署まで!」と立ち去る白バイ警官の心意気。
運転手さんに申し訳なくて、お釣りは要りませんというつもりが料金は1,000円ポッキリ。
さすがに一万円札は出せませんでした(笑)

さて、懇親会は二次会へ。
いろんな業種の方々で、けっこう楽しい。
f0118335_22122576.jpg

タクシー数台で移動したんだけど、ホテルへの帰り道で地下鉄乗ったら二駅でした(笑)

宿泊はリーズナブルなカプセルホテル。
どんなカプセルでも、まずは大浴場があるから好きです。
f0118335_22145511.jpg


そして翌朝からも、やや疲れを残しながら再び会場へ。
f0118335_22155499.jpg


いろんな情報やヒントや元気をもらって、北海道へ着陸。
路線バスの控えめな電光掲示板に笑いながら、帰宅。
f0118335_2218794.jpg


翌朝、あのワインカラーのトラクターはホワイトに変わってた!
初期点検で代車らしいけど、色的にランボルギーニ?と勘違いしちゃったよ。
f0118335_22191985.jpg

と言うより、どでかいテレルボルグなタイヤにビックリ。
きっとサイドウォールも硬くて、空気圧を落としたマディでは抜群のグリップでしょうな。
[PR]
by HMBiker | 2016-07-01 22:26 | Trackback | Comments(0)
line

いつでもどこでも乗りたい周年発情バイク馬鹿の日々


by HMBiker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31