Heat Mounting Biker !!

hmbiker.exblog.jp ブログトップ

力技。

雪国は「スタッドレスの履きつぶし」という慣習がある。
もうミゾはないけれど、捨てるにはモッタイナイから夏も使い続けるってこと。

仕事クルマのスタッドレスは、良い具合に履きつぶれた。
f0118335_22272710.jpg
ここまでなると、雨の日のカーブではハンドルが軽くなって怖い。
んじゃ、夏タイヤ(本来のタイヤ)に交換ってことで、ウチのガレージ。
(外注して経費で済ませてもイイけど、こーゆー作業は好きなんで)

しかしまぁ、よく締め上げてくれたみたい。
クロスレンチはおろか、エアーインパクトレンチでも全く緩まず。
そりゃぁ家庭用だからパワー無いけどさ。
それでも最大294Nm(30.0kgm)はあるんだよ。

そこで長めのスピンナーハンドルが登場。
足で踏み込んだ二本目のタイヤで、壊れました。

f0118335_22274176.jpg
まぁ、ラチェットだったし。
そんなにロングじゃ無かったし。
f0118335_22274612.jpg
じゃぁどうするか?と考えた。
仲間からデカくて強力な何かを借りてくるのもアリだけど、
俺んちの何かで勝負したい・・・。

つまりは、強大な力をかければいいんだから・・・

f0118335_22275011.jpg
もはや使っていない鯉のぼり用のポールが登場。
これをクロスレンチに合わせれば、「ロンギヌスの槍」のようでもある(笑)

テコの応用で、長ければ長いほど強大な力が得られます。
ナメないようクロスレンチに力をかけつつ・・・槍を倒す!な感じ。
おかげで簡単にナットは外れました。

f0118335_22280110.jpg
反面教師で、今回はじめてトルクレンチを使うことにした。
ほぼ100Nmでナットを締め込んだ。

ナットが千切れなければ強く締め込んでくれてもいいんだけど、
もしパンクとかでタイヤ交換する時、どうしてくれるんですかね?
タイヤ交換をオマカセしたくない店が2件目となりましたわ。

だから自分で交換している理由もあるんです。

[PR]
# by HMBiker | 2017-06-18 22:59 | Trackback | Comments(2)

待望。

phone、Pad、Bookは新機種が続々なのだが、全く動きの無かった iMac 。
やっと待望の新機種が登場。

f0118335_20143158.png

俺のは2008製のメーカー整備品な iMac 。
つまり認定中古車みたいに整備保障された中古品。
それでもメモリー増設したりして、なんとか時代に追いついていた。

無理にOSをバージョンアップしないで、(←非力な筋肉に過度な運動は禁物)
いくつもアプリケーションを使わないで、(←狭い机に何冊も本は広げられません)
やや反応が遅くなることもあるけれど、なんとか使ってた。

でも昨年。
高解像度のGoPro動画を編集しようとしたら、カクカクカク・・・とコマ送り!
こりゃ4Kの高解像動画なんて無理だよ。

以来、ずーっとメーカー整備品をチェックしていたけれど音沙汰なし。
MacBook Air とか、iPad とかあるけれど、それなりの値段。
同じような価格ならば、やはり机の上で使いたい。
ノート・・特にタブレットは、俺にはダメ。
どこでも使えるから、ずーっと触っちゃってる iPad mini4 です。

そして待望の新 iMac は、当たり前に最新鋭プロセッサのパワーに最新OS。
しかも値段はそれなり。
中堅クラスならば、20年振りに新品にするかも?



[PR]
# by HMBiker | 2017-06-11 20:38 | Trackback | Comments(0)

衣替。

昨年にレース仕様へ変貌させたセローは、クラッチ不調でメンテ中のまま年越し。
そして年末に買ったまんまの部品達。

f0118335_21284378.jpg

いい加減に仕上げなくちゃ、何も変わらない。
で、本腰入れて修理を開始。
初めて使うガスケットリムーバーがその名の通り強力で、
貼り付いたガスケットに吹き付けて垂れた液体はケース塗装も落とす勢い。
ま、どうなろうともバイクとして動けば大満足なので。

そしてクラッチを組み付け。
その後に悩んだのが、矢印が示すクラッチプッシュレバー調整ボルト。
つまり、ちゃんとクラッチを繋げておけるようにするための作業。

f0118335_21284916.jpg

エンジン側にある標(しるし)とプッシュレバーを合わせなくちゃならん。
これが不十分だと、ちゃんとクラッチが切れなかったり、しっかり繋がれなかったりする。
結果、またもやクラッチ板の磨耗によるトラブルとなりやすい。

となれば調整には慎重となるのが当たり前。
ネットや雑誌やらで情報を集めて、勉強になりました。

仕上げ間近にウィンカー転倒せず。
バラしたら電極全体がサビだらけ。
何度もテスターでチェックしても、やはり錆びてると通電しないのね。
だから朝も夜もヒマさえあれば布ヤスリでシコシコと磨いて、無事に復旧。


完成したセローを移動させ、青い除雪機を冬眠させ、
いろいろ片付け掃除して、夏仕様に。
いわゆるガレージの衣替え。
最後に俺の Fighting Machine である tm250Fi を中心に置いた。

f0118335_21101871.jpg
しっかりと冬眠させたから、オイル交換くらいでスグに走れる状態。
その「走れる時間」を作るのが大変。

あんまり乗れないけれど、今期からは新しいメンテナンスフロアシートを導入。
以前にアストロで安売りしてたのを、いずれはヒダカで・・・と考えていたけど、
当分は無理そうだし、使わないで置いておくのも勿体無いからね。
それでもマットは消耗品。
いずれは買い換えます。




[PR]
# by HMBiker | 2017-06-04 22:04 | Trackback | Comments(0)
line

いつでもどこでも乗りたい周年発情バイク馬鹿の日々


by HMBiker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31