Heat Mounting Biker !!

hmbiker.exblog.jp ブログトップ

観るモノ。

実は映画も好きだったりする。
小ガッコん時は小遣い貯めてスターウォーズとか観に行ってた。
映画館なんぞは貧乏人の行くトコじゃ無い!と母親に止められたっけなぁ。

浪人時代、プレッシャーの気分転換に観たバックトゥーザフューチャー。
主人公の子供を助けに行こうとするエンディングシーンで、
「デロリアンが加速するには道が短すぎるよっ!」
と叫ぶマイケルJに対して博士役のクリストファーが答えるんだ。
「道? 未来に道なんか必要ない」ってね。
初めて映画の台詞に共感した。未来への道は自由に選べるんだと。
そのおかげで2浪を決めました。(笑)

今ではBSとかスカパーで観てる。
レンタル屋や映画館(シネコン)っても、行くまでの距離が・・・。
いや。むしろ一方的に配信されるTVの方が食わず嫌いにならなくてイイかも。
アクション・社会派・サスペンス・・・なんでも観るが、
叫びまくるアメリカホラーは好きじゃ無い。ドキドキだけで、つまらん。
いずれ映画のインプレでも書かせてもらいます。

あぁ。ぜんぜんバイク馬鹿のブログじゃ無くなってきたよ。
でも来週にはコルセットが取れる予定。
まだ不自由な部分もあって、しばらくはストレッチが続きます。
[PR]
# by HMBiker | 2007-01-14 00:47 | Trackback | Comments(0)

読みモノ。

本は好きだ。小説もノンフィクションも。
でも頻繁に読む性格では無い。
ある程度の時間ができたりすると、いつのまにか読んでいたりする。
ジャンルはカンケー無し。

映画と違って自分のアタマで情景を描いていかなきゃならない。
したがって、どの本も初めの数ページは気が重い。(笑)
その気の重さが何ページまで続くかが問題。
最後まで気が重かったり、(←だったら読まなきゃイイのに)
途中でワケ分かんなくなって読み戻ったり、(←だから、やめればイイのに)
逆に、最後の最後で気が重くなる場合もある。(←コレは最悪)

小中学生の頃は、本を読むほど落ち着いていられなかった。
浪人してからだと思う。
背水の陣、四面楚歌のような毎日だったので、気分転換は本しか無かったのだ。
しかも古本屋で100円もしない文庫本が好きだった。
夏目漱石の「こころ」だったかなぁ。
赤いチョウチンだかなんだかが、クルクルクル・・・と終わる最後のページ。
ただでさえ孤独だったのに、ますます孤独感に襲われて怖かったよ。(笑)
でも古本には最後の楽しみがあった。
裏表紙あたりに、読んだ人(以前の持ち主?)のコメントが書かれていた。
共感する文章もあれば理解不能な表現もアリで楽しかった。

読むヒトによって本の印象は変わるかも。
そのうち面白かった・・・最悪だった・・・と、本のレポでもするかな。
[PR]
# by HMBiker | 2007-01-12 22:42 | Trackback | Comments(0)

新年あけました。

ご無沙汰の更新。

正月あたりまで仕事して、一週間ほど帰省してた。
いやぁー、雪のないトコはイイねぇぇぇ
と叫ぶハズが、ベチャ雪が積もるほどの天候。
寒くてブルブル。あきらかに北海道よりも寒かったよ。

今回は県内数カ所の親戚周りもしなかった。
ここ数年、厄年か?と思われるくらい不運に巻き込まれたので
前回は久しぶりに御先祖の墓参りをしてたっけ。
親戚は喜んでくれたが、果たして肝心の御先祖様たちはどうだったのか。
その数ヶ月後にはコケて入院しちゃったからね。(汗)
ま、新年が始まったワケだし。
イヤな過去のことは忘れて、前を向いて進みます。
読み流しているみなさん。今年もヨロスク。

voiceにも書いたが、地元の友達ってサイコーだよ。
年に一度しか合わないから付き合いは短くなっちゃっているけどさ、
お互いを分かり合えてるのかな。心から楽しく話ができる。
もちろん北海道にも理解し合える仲間はたくさんいるが、
なんつーか、ケンカになっても帰りは肩組んで帰れる みたいな。
心が安らいだ帰省でした。

帰宅してみれば、とんでもなく重くて固まった雪が家を埋めていた。
白い息を吐き、汗かきながら除雪した。
北海道の生活だって、決して楽じゃ無いんだぜ・・・なんてね。(笑)
[PR]
# by HMBiker | 2007-01-10 23:18 | Trackback | Comments(0)
line

いつでもどこでも乗りたい周年発情バイク馬鹿の日々


by HMBiker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31