Heat Mounting Biker !!

hmbiker.exblog.jp ブログトップ

2014MFJエンデューロ北海道エリア選手権 R3ルスツ

すでにエリア戦はR3である。
R2である前回の栗丘は、所用により不参加だった。

ルスツとは虻田郡留寿都村のこと。
それよりも ルスツリゾート の方が分かりやすいかもしれない。

今回は新設コースであり、未知な部分も含めてドキドキなレースだった。
高速インターから離れているので遠いようなイメージだったが、ほぼ6時間で到着。
イケさんと二人で前夜祭らしき晩餐で楽しく過ごした。
f0118335_2255076.jpg

イケさん持参の串モノが美味いのなんの・・・本物の鶏肉でした。
f0118335_226498.jpg

翌朝、コンビニで朝食を仕入れつつ大会会場へ移動。
国道から10kmほど進みながら小高い山のてっぺんを目指した。
f0118335_228513.jpg

参加選手は50名以上。やや蒸した気候だったけど、不快じゃなかった。
f0118335_2285790.jpg

計測装置は自ら発信するトランスポンダじゃ無くて、この磁気シートのようなシール。
f0118335_2210534.jpg

フロントとリアのフェンダー2カ所に貼り付け、もしものため二度の計測を行う。
ちなみにフロントに貼り付けた羽根みたいなモノは、レース終了後に参加賞の引換券となった。
f0118335_22111887.jpg

受付と車検、開会式とライダースミーティングを終えて、いよいよスタートへ。
今回は2時間半での周回数アタックとなった。
f0118335_2213566.jpg

慣熟走行のため、みんなで一周すると聞いて和気あいあいのAクラスルーキーの3人。
f0118335_2215763.jpg

しかし、上位クラスであるSAとAには特設セクションが用意されていた。

それがまたイキナリの難所で、側溝を飛んでからの斜面が登れず。
ターンして登ろうとしたら、横に草刈り跡があったんで迷わずトレース。
のはずが、こっちの斜度の方がスゴくてマシンだけが宙を飛びました。

そのまま沢に落ちて、どうしようかと沢を下ったら・・・コースに復帰できた(笑)
でもカナリのショートカットだから、レース本番では使わなかったよ。

そりゃあもう 充分に慣熟 できた一周でした!
なんてイケさんに想いを伝えて、いよいよ本番スタートです。
f0118335_22273778.jpg

f0118335_2228175.jpg

f0118335_22281556.jpg

f0118335_22283637.jpg

途中の「丸太越え」と「壁面下り」は、行き過ぎると倒れた笹もろとも落ちるから油断できず。
f0118335_22285737.jpg

この登りは後半に掘れてきたんで、右側を大きく回りつつ草むらを突っ切って登ってた。
f0118335_22342098.jpg

いろんな課題が与えられたコースに、くの字前傾フォームだけは意識して走ったつもり。

斜面での滑りそうなターンからの加速も、
後ろに座りながらのくの字前傾は重心が中央に寄るから安定していた。
これが単なる前乗りだけだったら体重全てが中央に寄るから、滑った時には対処しずらい。
それよりもターン前にフロント荷重になって、余計にスリップダウンしやすいのかも。
それでも背筋を意識できなかったりして、反省点はいろいろ。

ラスト1周への進入は、ギリギリ2時間半に間に合ったので、思わず歓喜の声が出たね!
f0118335_22372018.jpg


そして、ほとんど汚れないままゴール。
f0118335_2240423.jpg

雨も降らなかったし、まだ草の生い茂る路面なので、泥よりも葉っぱが付いていた。
f0118335_2241195.jpg

本番が一番の実験である。
先日に購入したマメと振動防止のパームプロテクターは、硬いグリップに太刀打ちできず。
それでも大惨事のようなマメつぶれは無かったよ。
f0118335_22422036.jpg

ともに一緒に戦ったゴール後のひとときは、レースの醍醐味でもある。
f0118335_22432877.jpg

結果はこんな感じ。
最速タイムが16分58秒って、俺だけが異常に遅い・・・。
f0118335_2244319.jpg

f0118335_2315436.jpg

さて、今回の参加賞は

新鮮野菜。

野菜好きの俺にはサイコーに美味しかったです!
タオル一枚でも嬉しいけれど、こんなのも楽しいよねー。
デカいクーラーボックス持っていって正解だったなあ。
f0118335_22472693.jpg

「美笛峠まわりで支笏湖から千歳に1時間ちょっとで行ける」と、ぴょん吉さんに教えてもらい、
まさにその通りで、札幌市街地を通るより早く北へ向かうことができた。

でも、これまた所用を済ませたら0時ジャストの帰宅。
あれこれ片付けて、寝たのは1時すぎでした〜〜〜。

スタッフのみなさん、ありがとうございました。
イケさん、るぃタンさん、画像ありがとうございます。
そして選手の皆さん、おつかれさまでした。
[PR]
by HMBiker | 2014-07-17 23:04 | 参戦レポ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hmbiker.exblog.jp/tb/22560248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by (ピ∇゚ョ)ンキチ at 2014-07-18 20:51 x
オツカレでしたー!
ガルルから移ってきてHXCで最近すっごく感じるのは「いかに止まらないか」ですw
Commented by うちえむ at 2014-07-19 05:59 x
言われてみれば、そうですね!
コケない、ハマらない、が意外に重要かも。
そうなる前の機転も、そうなってからの対応も必要ですよ。
名前
URL
削除用パスワード
line

いつでもどこでも乗りたい周年発情バイク馬鹿の日々


by HMBiker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31