Heat Mounting Biker !!

hmbiker.exblog.jp ブログトップ

2014 HTDE 其の四

f0118335_2381446.jpg

コース後半です。
町牧入口TCまでは国道など舗装道路の移動だからオンタイム。
難関は、最初に投稿した通り町営牧野。
f0118335_2304018.jpg

一枚目の画像は、TCをスタートしてから牧野へ入る曲がり角。
みんな同じラインで入るからワダチが深くなって、最後にハマったなぁ(涙






地元では、あらゆる牧場で遊ばせてもらっているが、この牧野は苦手。
というのも、
1、斜めの斜面を、斜めのままに登るラインが多いので意外にスベる
2、沢や凹み以外に予測不可能な水脈あり
3、笹ヤブも繁殖しているので、ラインを外してコレに捕まるとスベって進まず。
4、地面は固いようだが、ワダチができるとカナリ深くなる
5、泥沼にハマると、気がつけば広大な牧野に自分ひとり。

そんな難所を予期させるように、まずはワダチが出迎えてくれる。
f0118335_23221927.jpg

毎周回ワダチをトレースしてトコトコ走っていたが、
二日目の最終周、やっと簡単なエスケープラインを発見。
左側の笹ヤブの壁にタイヤを当てれば、そのまま登れたよ。
もっと早く気付けば、あんなに疲れることも速度も落とすこともなかったのに。

そんな迅速な判断ができなかったことが、今回の大きな後悔。
f0118335_23291994.jpg

前進不能ならば、また別な後悔もあったかもしれないが、
今回はコケてもハマっても、自分でリカバリーして進むことができた。
だから面白かったけど、そのぶん余計に悔しい。

ENDURO DAYSさん、秋を感じさせてくれます。ありがとうございます。
f0118335_23305658.jpg


思い返せば、この町牧が一番タイムロスしていた。
1日目の1周目から、この斜面が登れなくてノボレナクテ・・・
(2日目はコースカットだから短くて(わりと)楽だったけど)
f0118335_23325889.jpg

ラインを変えてもだめ、斜面をジクザグに登るのもダメ、
f0118335_23343571.jpg

お得意の笹ヤブ突進も敢行したが、なぜ湿地帯が?ここに水脈あるの?
な状態で、何度も重たい4stマシンを引き起こした。
f0118335_23363128.jpg

画像は2日目なので、ある程度はグリップしてた。
それでもスピードを乗せていかないと、途中でスリップダウンしてたヒトもいたっけ。
登れない時って、ほんと途方に暮れるよね。

町牧を抜けても、直後の町有林では

「さすがヒダカ!」

と言えるような「沢に落とされて登る」ルートが3連チャンくらい。
あれは全クラス共通だったから、コース役員が張り付きで頑張っていた。
まぁ、ある意味それもヒダカならではなんだけど(笑)

そして中の沢TC。
ここにはKTMサービスがあったらしい。
いつも遅着だったから知らなかった。
f0118335_23481322.jpg

連日コレだけ遅着すると、各TCのスタッフも心配してくださって

どうかしたんですか?  とか、  頑張ってください  とか、
励ましてくれて、とても嬉しかったです。

しかしながら、舗装道路を移動した後の余裕のあるTC前では、

あら、
青ゼッケンが今ごろ?
止まってるよ。
入らないのかな?


と、ささやかれたけど、

はいったら早着ですから!
(笑)


そしてスキー場を目指して林の中のルートを進む。
f0118335_005880.jpg

RUNAさん、レースの辛さが分かる画像です。ありがとうございます。
f0118335_005794.jpg

やっとゲレンデに出た時の爽快感。
f0118335_013132.jpg

テスト区間であるスキー場クロステスト(CT)をヘロヘロで下りてくる虚脱感。
f0118335_033519.jpg

1日目は1周を残してリタイヤながらも、
2日目は規定の3周を走破してプレフィニッシュ。
ここからはファイナルクロスへ向けて、ワーキングタイムの15分間を与えられる。
でも2日間を完走していないし、ファイナルクロスは出走できないから・・・
と何も整備しないで、保安部品のチェックをしてパルクフェルメに突っ込んだ。
f0118335_0171458.jpg


しかし、

「全日本クラスはDAY2を完走したらファイナルクロスに出走してもらいます」

と言われて、トランスポンダ(無線計測受信機)を渡された。
なんか、すごく嬉しかった!
IBクラスの皆さんに勝てる理由も勝つ意気込みも、なーんも無かったけど(笑)



つづく
[PR]
by HMBiker | 2014-10-08 00:19 | 参戦レポ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hmbiker.exblog.jp/tb/23079741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
line

いつでもどこでも乗りたい周年発情バイク馬鹿の日々


by HMBiker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31