Heat Mounting Biker !!

hmbiker.exblog.jp ブログトップ

現実。

未踏の雪の世界に期待と理想を描いていたが、
これほどまでに夢を打ち破られると、現実を受け入れるしかない。
f0118335_2156211.jpg



Mountain Horse を手に入れた時から、雪原を疾走する姿を夢見ていた。
たしかに広大な牧草地の雪原を走るのは楽しい。
しかしながらエンデューロライダーとしては物足りず。
夏と同じく、快楽を求めて山々へ向かうのは当然である。
f0118335_2211119.jpg


初心者だから・・・。
当初はそう考えて、むしろ甘えていたのかなー。
f0118335_2222675.jpg


それが3回4回目のライディングとなると、ワクワクよりドキドキな心境。
一歩間違えば、出発時にゲンナリした気分にもなっていたかもしれない。
f0118335_2244063.jpg


それでも走り始めたら、必ず遊び心に火が着いた。
たとえ登れなくて疲れ果てたとしても、あきらめて帰りたくは無い。
f0118335_2273651.jpg


教官は多くのことを教えてくれる。
雪質は当たり前に、斜度を見極めながらラインを考えて、
上ばかりじゃなくて下にターンしながら登ることも教えてくれた。
f0118335_2292862.jpg


確かにその方がターン時にスタックしにくい。
そんな教官のラインをトレースしつつ、登頂直前の雪庇にアタックしたら、
f0118335_2213856.jpg

直立しました。

そんな俺の走りに喝を入れるべく、教官は新ラインで突っ込んで来た!
f0118335_22143339.jpg

結果は同じ。(笑)
f0118335_22154658.jpg

f0118335_2216978.jpg


でも相変わらずリカバリーは早くて、スグに再スタートして登頂した教官。
俺は手伝ってもらいながらリカバリーして登頂。
ホント、オセワニナリマシタ。
f0118335_2218922.jpg

雪の降り方が激しくなってきたので、下山。
でも下りてみたら、下界には雪が降っていない。
ならば、寄り道・・・ということで、先日の沢へ。
f0118335_22224529.jpg

けっこう積もって、なかなかの深雪。
ラインを間違え、吹きだまりの沢でハマって、教官と一緒に引っ張って・・・。


こうやってエアクリーナーボックスにたまった雪を書き出している教官だけど、
モガイている俺のところまで歩いて来て、
ハマった俺のマシンを一緒に引っ張って、
また歩いて自分のマシンに歩いて戻るを繰り返した教官は、両足が辛かったそうです(笑)
f0118335_22241726.jpg


そして最後の最後。
沢に横たわる倒木をかわした直後に転倒した俺。
f0118335_22272455.jpg

ハンドルに鎖骨を強打しつつ、マシンから離れて穴の中へ「おむすびコロリン」。
俺自身がすっぽりハマっちゃって、そりゃもう半狂乱な気分。
ヒグマが冬眠していなくて良かったデス。

最後まで俺のマシンを引き起こしてくれた教官に感謝です。
俺なんかウデの力が出なくて、
マシンを肩に当ててヒザの力で引き起こしてました〜。


こんな予選落ちみたいな現実。

でも、

マウンテンホースは
最高ですよ!!

[PR]
by HMBiker | 2015-02-13 22:47 | Mountain Horse | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hmbiker.exblog.jp/tb/23669441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
line

いつでもどこでも乗りたい周年発情バイク馬鹿の日々


by HMBiker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31