Heat Mounting Biker !!

hmbiker.exblog.jp ブログトップ

火星。

子どもの卒業式前日に、雪山遊び&遠征してきた。

予定では近所で遊ぶつもりだったが、突然の現場変更。
となれば、いよいよマシンをトレーラーで運ばなくちゃならん。
まだ試運転もしたことないのに・・・
と、当日未明から仕事を済ませて予定通りに出発!
f0118335_22121382.jpg

積み込みも簡単なトレーラーは快適なんだけど、
やはりタイヤで巻き上げる泥水で汚れますな。
この時期は凍結防止剤が道路に巻かれていたりするんで、マシンのサビが心配です。


そして現場到着。
お昼近くの出発なので、昼メシを食べながら本日の行程を説明される。
隊長は、この現場の経験者。
山頂を目指すが、スタート後2時間で帰路へ向かうことを確認。
彼を先導に林道爆走です。
f0118335_22172898.jpg

乗り出し当初は、先日の暖気で溶けた雪のおかげでハンドリングが変な感じ。
どんどん登ると、途中から湿った深雪へと変化。
新雪を切り込みながら隊長が飛ばすもんだから、雪煙で先が見えない。
だから俺は風向きを考えながらラインを変えてアクセルオープン。
林道っても、こんもりとした雪坊主や倒木などの障害物が多数。
それらを避けながらノリ面へ逃げたりして自由自在。
どれだけの距離を走ってんのかワカランけど、ずっと続くからスゲー楽しい!

そして、もうチョットで山頂ってあたりで怪しい雰囲気。
f0118335_22242229.jpg

この山は、剣山ではない。
夏は自動車でも山頂へ行けるほどの、なだらかな山である。
吹きすさぶ風によるのか、木々は低くて密度もまばら。
ってか、ほとんど雪に埋まっている。
吹雪・・・と言うよりも地吹雪のような風が続いて先が見えない。
隊長は目の前が山頂だというが、その山頂すらも見えない。
f0118335_22273027.jpg


隊長はガーミン(Garmin:ガーミン GPS機)を使って進むが、
傾斜を登ってんのか降りてるのか分からなくなって、俺自身が気持ち悪くなってきた。
f0118335_2232422.jpg


GPS値で数十メートル付近。
地吹雪なのか周りが見えず、何が何だか分からない状況。
まだ行ったことないけれど、ココは白い火星の地表ですか?
f0118335_2235655.jpg


写真を撮りながらウロウロしていても風は止まない。

「降りましょう」

おたがい同時に言ったと思う。
このままエンジンを吹きっさらしにするのも心配。
マシンが動けるうちに回避しなくちゃヤバい。

登ってきたワダチをトレースしようも、ほとんどが強風で消えている。
あとは隊長のGPSが頼り。
硬い雪原を、ゆっくり少しづつ進んで降りた。

やっと晴れ間の見えた中間地点。
とりあえず、ここまでくれば気象条件は安心。
f0118335_22482564.jpg


初めての水分を摂りながらガスを給油して休憩。
そして再び林道ブッ飛ばしで無事に下山。
翌日の卒業式にも行けます。
いやー、良かった良かった。

トレーラー運搬と視界不良の地吹雪。
ともに初体験だけど、良い方向で経験値を上げることができました。
山は逃げません。
また再チャレンジしましょう!
[PR]
by HMBiker | 2016-03-14 06:00 | Mountain Horse | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hmbiker.exblog.jp/tb/25042714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 石十力 at 2016-03-15 20:46 x
ホント、不思議体験でしたね!登っているのか、降りているのか分からないなんて。GPSサマサマでしたが、GPSが死んだら自分も死ぬかもしれないので、来年には予備のGPSとしてスマホを考えます。
ついにサヨナラ、ガラケーかもしれません。
Commented by うちえむ at 2016-03-16 20:02 x
持っていても損はしないGPSですね。
予備としてスマホですか!
圏外でもGPSは機能するのかな?
line

いつでもどこでも乗りたい周年発情バイク馬鹿の日々


by HMBiker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30